カッパドキアでやりたい5つのこと

洞窟ホテルに泊まろう

洞窟に住むということは、カッパドキアの歴史と同じく古いスタイルの生活なのです。 カッパドキアの洞窟住居の歴史は古く、鉄の王国ヒッタイトの時代まで遡ることができますが、洞窟ホテルは昨今20年以内に改修されています。 カッパドキアには400もの洞窟ホテルが存在しており、3~4部屋の家族経営のゲストハウスから100~120部屋を擁する洞窟リゾートホテルまでカッパドキアの街や村に幅広く見かけることができます。 カッパドキアを訪れ、ちょっと変わった体験をしたいとお考えなら太古の歴史の味わいを体験するために典型的なカッパドキアの洞窟ホテルに泊まることをおすすめします。 お値段に応じて様々なタイプの洞窟ホテルがあります。

壺焼きケバブを食べよう

このカッパドキアのローカル料理の起源はおそらくヒッタイト文明まで遡ることでしょう。 壺焼きケバブはカッパドキアで最も古い料理のひとつであり、最近は鶏肉を使うレストランもありますが、通常は羊の肉を使うのですが、ソースで味付けされた肉と野菜を粘土でできたポットに入れパンでポットの口に蓋をしたものを「タンディール」と呼ばれるかまどの中に入れて調理します。 壺焼きケバブはよくご飯と野菜サラダと一緒に給仕されますが、とても有名な料理ですので、カッパドキアの多くのレストランで食べることができます。

熱気球に乗ってカッパドキアの空を飛ぼう

カッパドキアには多くの渓谷があり、のぼるのは大変ですが、カッパドキアの魔法のような素晴らしい景色を上から眺めてみたいと思う人は熱気球から気楽に眺めることができます。 遊覧気球飛行は、日の出になると可愛らしいチャウシン村付近のキリクラル渓谷からギョレメ村、バラの谷の間で始まります。 遊覧飛行が終わると、着地地点で気球搭乗者同士で記念の乾杯(スパークリングワインやシャンパン)を行います。 ご予算に合わせて、1時間の通常飛行からデラックス長時間飛行までよく吟味して選んでください。

洞窟教会と地下都市を見に行こう

洞窟教会と地下都市は間違いなくカッパドキアで観光客に人気がある場所です。 岩を削って作ったカッパドキアの教会は、長きにわたって洗練されたビザンティン帝国のフレスコ画の伝統の中で格別に素晴らしいのです。 最も古い教会はアチュクサライとギョレメにありますが、4世紀か5世紀ごろに建てられたと考えられています。 巨大な地下都市の洞窟と迷宮はかつては数万人の人々の住居でした。 地下都市は、何階にも渡って地下深く広がり、通路は高さが低く曲がりくねっており、言葉では表現できない何とも素晴らしい光景なのです。

伝統的な陶磁器工房に見学に行こう

アヴァノスは粘土の壺は複雑なデザインとはっきりした色彩で世界的に有名です。 カッパドキアで粘土の壺を作ることは、紀元前2000年前のヒッタイトの時代に遡りますが、最も古い手工業のひとつなのです。 毎年アヴァノスでは観光と手工業祭りが開催されますが、地元で作られた工芸品を購入しようと多くの人が訪れているのです。 現在では非常に多くの小さな陶磁器工房があり、一年中いつでも訪れることができます。 カッパドキアのほとんどの日帰りツアーでは、陶磁器工房見学が含まれています。

カッパドキア熱気球ツアー

スタンダードバルーンツアー
通常気球ツアーは、カッパドキアで最も人気のあるアトラクションです。 ツアー時間は約3時間でそのうち1時間が気球での飛行時間です。 飛行時間は、着陸地点によって5~1
コンフォートツアー
気球ツアーをもっと気楽に楽しみたい方は、コンフォートツアーが最適でしょう。乗客が2人少ないだけでもフライトは全然違います。コンフォートツアーで使用するバスケットには
デラックス-長時間気球ツアー
デラックス-長時間気球ツアーは大好きなお客様にとっては世界クラスの気球体験なのです。バスケットには16人以内の乗客数しか乗りませんし、飛行時間も1時間半と忘れられない

お問い合わせ


天気の情報をもっと見る